2011年8月16日火曜日

LAMP of CakePHP on VMware:構築後のデザート~phpMyAdminインストール

MySQLサーバーをウェブブラウザから操作するGUIツールであるphpMyAdminのインストール手順を解説します。

ダウンロード

phpMyAdmin - Download
上記ページにも記載されていますが、バージョン3以降はPHP5.2以上である必要があるのでご注意を。

ドキュメントルートに配置

アーカイブを解凍後、Apacheの公開ディレクトリに配置。
$ cd /var/www/html 
$ tar xvzf phpMyAdmin-3.4.3.2-all-languages.tar.gz 
# mv phpMyAdmin-3.4.3.2-all-languages phpMyAdmin 

設定ファイル作成

ルートディレクトリ直下に設定ファイルの雛形「config.sample.inc.php」があるので、「config.inc.php」という名前にリネーム(orコピー)。
# cd phpMyAdmin 
# cp config.sample.inc.php config.inc.php 

つづいて編集。最低限以下の設定だけでOK。
$cfg['blowfish_secret'] = '(ランダムな文字列)'

php-mcryptパッケージインストール

phpMyAdminの認証時に認証情報の暗号化を行うためかどうか知らんが、これインストールしておかないと警告が表示される。
ここで、CentOSのバージョン、PHPのバージョンにより運命が分かれます。
CentOS 5.xで、phpパッケージの場合
以下コマンドで瞬殺です。
# yum install php-mcrypt  
php53パッケージ OR CentOS 6.0の場合
残念ながら、現時点ではyumのパッケージは提供されていませんので、RPMパッケージを使用するか、ソースからコンパイルするしかありません。

ここではCentOS 6.0でRPMパッケージを使った手順を説明します。CentOS 5.6でphp53パッケージの場合の手順は調べていませんが、流れは同じようなもんだと思います。
必要なパッケージは以下。
  • libmcrypt
  • php-mcrypt
まずは以下サイトでRPMパッケージを検索。
CentOS 6.0用のがいつくか見つかる。僕がチョイスしたのは以下。
libmcrypt-develも必要かどうか分からんが、とりあえず除外した。
パッケージのURLは、上記ページから「Download Mirrors」→「select mirror」と辿ったページの「binary package」のリンクがそれ。
wgetで取得してインストールし、Apache再起動。
# wget http://download.fedora.redhat.com/pub/epel/6/i386/libmcrypt-2.5.8-9.el6.i686.rpm 
# wget http://download.fedora.redhat.com/pub/epel/6/i386/php-mcrypt-5.3.2-3.el6.i686.rpm 
# rpm -ivh libmcrypt-2.5.8-9.el6.i686.rpm 
# rpm -ivh php-mcrypt-5.3.2-3.el6.i686.rpm 
# /etc/init.d/httpd restart 

以上でOK!
phpMyAdminの設定ファイルで特に言語や文字コードの変更はしなかったけど、日本語データは問題無く扱えました。

※参考

関連エントリ



2 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

thanks for sharing...

おもくそ さんのコメント...

thanks for commenting!!!